Polymaker 3Dプリンター用ポリカーボネート製フィラメント Polymaker PC-Max 2.85mm 黒 BuildTakシート付き

  • 販売価格
    ¥7,136
  • amazonプライムで送料無料
  • 公開日 : 2017/07/31
  • 最終更新日 : 2018/09/28

◆フィラメント色:true black(黒)
◆材質:ポリカーボネート(PC、主成分)
◆フィラメント径:2.85 mm (±0.05 mm)
◆フィラメント重量:750 g (スプールあたり)
◆スプール径:20 cm / スプール穴径:5.5 cm / スプール厚:4.7 cm

ポリカーボネートは、いわゆるエンジニアリング・プラスチックの一種で、高い耐熱性と機械的強度、透明性、難燃性を持つ材料です。1953年にドイツ・バイエル(Bayer)社が開発に成功して以来、光学機器、電子機器、家電製品、航空機や自動車等の輸送機器、医療機器、建築材料、雑貨、家庭用品に至るまで、非常に多くの分野で使用されてきており、我々の生活に不可欠のプラスチック材料となっています。これまで、ポリカーボネート製の3Dプリンター用フィラメントは一部の産業用3Dプリンターでのみ使用されてきました。Polymakerは、Covestro社(旧社名:Bayer MaterialScience)とのパートナーシップのもと、デスクトップ3Dプリンターで使用可能なPCフィラメントの開発に成功しました。PC-Maxは、PC-Plusと比較して、さらに機械的性質を高めた、強靭なフィラメントです。 【推奨プリント温度】250~270 ℃ 【推奨造形テーブル温度】80 ℃程度 【推奨プリント速度】30~90 mm/s 【その他】 ・ポリカーボネート製フィラメントの特徴として、造形テーブルとの接着が比較的弱く、また、造形物の反りの傾向があります。そのため、造形テーブル用耐熱性シート「BuildTak」の使用が必須です。製品には「BuildTak」シート(20 cm × 20 cm)が一枚、同梱されています。 ・造形面との接着を良くするため、「ラフト」を付けてのプリントが必須です。モデルとラフトの距離の推奨値は0.2~0.3 mmです。 ・乾燥剤入りの真空パックに入れてお届けします(最密封可)。日本語の製品情報シート付き。

close

閉じる

閉じる