ArduinoとMATLABで制御系設計をはじめよう!実験キット-Physical Computing Lab

  • 販売価格
    ¥13,500
  • amazonプライムで送料無料
  • 公開日 : 2017/01/17
  • 最終更新日 : 2017/11/12

◆書籍「ArduinoとMATLABで制御系設計をはじめよう!」掲載の実験用キット
◆- 第3章ArduinoIOを使おう(入出力インターフェース(LED, スイッチ, RCサーボ)を使おう)
◆- 第4章モータの速度制御実験をしよう
◆- 第5章モータの角度制御実験をしよう
◆- 第6章 Ball & Beamの実験をしよう

本製品は、「ArduinoとMATLABで制御系設計をはじめよう!」(ISBN978-4-906864-00-3)の書籍で説明されている実験を実際に体験するために、必要なパーツをキットにした製品です。

「ArduinoとMATLABで制御系設計をはじめよう!」書籍では、MATLAB/Simulinkを使ったシミュレーションとArduino IO及びSimulink Support Packageの機能を使った実験で、 モータの速度制御、角度制御、Ball & Beamの3つの実験を通して、制御系設計を基本から学んでいく内容となっています。

これらのシミュレーションや実機実験を実際に試してみるためには、下記の環境が 前提となります。

1)R2012a以降のMATLAB、Simulink、Control System Toolbox※スチューデントバージョンでも可。

2)Arduino Uno または Megaのマイコンボード

※Arduino Unoでは、8章で紹介されているSimulink Support Packageの機能を使う際にSimulinkのExternal Modeの利用ができません。

External Modeを使ったパラメータチューニングや実験データのモニタリングが必要な場合には、Megaが必要となります。

3)本実験キット(まはた同等の実験用の部材)

【注意点】

※1.本製品には、Arduinoのマイコンボードは含まれておりません。別途、購入が必要です。

※2.本製品には、「ArduinoとMATLABで制御系設計をはじめよう!」の書籍は含まれておりません。

実験装置の組立てのための簡単な解説書が同梱されていますが実験の解説は付属されておりません。各実験の解説には、「ArduinoとMATLABで制御系設計をはじめよう!」の書籍が必要です。

close

閉じる

閉じる